抗酸化工法って何?

抗酸化工法とは「抗酸化溶液を使って腐敗の進行を食い止める」工法です。
抗酸化工法は特殊な工具や技術を必要とせず、バイオ技術で開発された抗酸化溶液を活用し、有害科学物質を吸着・分解し続け、住まいの健康を回復させる本物のシックハウス対策工法です。
『抗酸化溶液』は化学薬品ではないので副作用がありません。発酵型微生物群を培養して作る特殊酵素です! ローコストで最高の効果を発揮し、健康住宅を実現できる画期的な工法です。
新築だけでなく、マンション・店舗や住宅など住まいのリフォームにも対応いたします。

シックハウス症候群って何?

「目がチカチカして痛い。」
「アレルギーが出てきた。」
「不眠に悩まされている..」  など、
身体や心に変調をきたすケースが社会問題としてとりあげられています。これがシックハウス症候群(化学物質過敏症)です。 主に家具や建材に使用されている大量の接着剤や塗料には有害化学物質であるホルムアルデヒド・トルエンなどが含まれ、その有害化学物質が「シックハウス症候群(化学物質過敏症)」の原因であると言われています。

抗酸化工法の効果とメリット

『抗酸化工法』による施工をおこなえば、シックハウス症候群(化学物質過敏症)対策以外にも消臭効果、省エネ効果など、驚きの効力を実感することができます。

シックハウス症候群対策として、トルエン、キシレン、ホルムアルデヒドなどの
有害化学物質を分解除去します!
結露、カビ防止、煙草、ペットの臭い、生活悪臭を消臭・分解し続ける。
帯電防止効果とハウスダストの抑制効果で、床、壁、天井が汚れにくくなる。
ダニ、蚊、ハエ、ゴキブリ、ネズミ、床下の白アリ等が寄りつかなくなる。
夏は涼しく、冬は暖かく省エネ効果抜群です!(30%~50%)
メンテナンスコストの半減(通常施工の倍の期間保ちます)。

また吸着剤ではないので効果は持続します!

塗装、左官、クロス、ワックス、防蟻処理などに使え、建築後の施工にも可能です!

>>抗酸化工法をもっと詳しく知りたい方→抗酸化工法研究会新潟様HPへどうぞ